極真会館 大分県支部

極真会館 大分県支部 ホームページへようこそ!

  • 0000272921.png
  • 0000272922.png
  • 0000272924.png
  • 0000272934.png
  • 0000272923.png
  • 0000272926.png

HOME ≫ 極真空手とは

極真空手とは

国際空手道連盟 極真会館 創始者の紹介

総裁
創始者:大山 倍達 1923年6月4日生まれ。

幼少の頃より拳法を学び、
13歳のとき山梨少年航空学校に入学、
船越義珍先生の門を叩き空手を学ぶ。

拓殖大学、早稲田大学に学び、
1947年全日本空手道選手権大会で優勝。

身延山、清澄山に籠もっての修業、修練を積み、
牛を拳の一撃で倒す牛殺し、
ビール瓶切りなどの秘技を体得。

1952年に渡米して全米各地をまわりプロレスラーなどと
真剣勝負を行って連戦連勝、同時に空手を紹介する。
その後も世界各国をまわって各種格闘技と戦い
「カラテ」の名声を世界に広げる。

“空手こそ最強”の信念のもと、直接打撃制空手を提唱して、
1969年国際空手道連盟極真会館を創設。

全日本空手道選手権大会、全世界空手道選手権大会を開催して
極真ブームを巻き起こし、今日の格闘技ブームのさきがけとなる。

その間、世界130ヵ国1200万人、国内に50を越す支部を創立して
50万人の会員を擁する最大の武道組織を築き上げ、
また“極真最強”の名をほしいままにした。
1994年4月26日、肺癌のため70歳で急逝。

極真の精神

about_photo03.jpg
国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真精神を礎とする。
極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかり、社会貢献を遂行するものである。
極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、性別、年齢などによる偏見差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。
極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武道の格言から発した名称です。
完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。

「押忍」の精神

about_photo01.jpg
極真会館の道場生は「押忍(オス)」という言葉を挨拶に使います。
「押忍」には 「尊敬、感謝、忍耐」と言う意味が含まれており、
この気持ちを相手に表します。
心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、
実生活に活かされると信じます。

道場訓

about_photo07.jpg
about_photo04.jpg

大山倍達 座右の銘

about_photo05.jpg
一、武の道は礼にはじまり礼によって終わるよって常に礼を正しくすべし
二、武の道の探求は断崖をよじ登るがごとし休むことなく精進すべし
三、武の道においてはすべてに先手ありしかれども私闘なし
四、武の道においても金銭は貴いものなりしかれども執着すべからず
五、武の道は姿なり何事においても常に姿を正しくすべし
六、武の道においては千日を初心とし万日の稽古をもって極みとす
七、武の道における自己反省は常に練達への機会なり
八、武の道は字の為にあるものなり修練にて私心を忘れるべし
九、武の道において真の極意は体験にありよって体験を恐れるべからず
十、武の道において真の極意は体験にありよって体験を恐れるべからず
十一、武の道において信頼と感謝は常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず
お問い合わせ

モバイルサイト

極真会館 大分県支部モバイルサイトQRコード

極真会館 大分県支部モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 各地区道場紹介
  • 入会キャンペーン
  • 大山倍達
  • 全日本大会