極真会館 大分県支部

極真会館 大分県支部 ホームページへようこそ!

wht.jpg

HOME ≫ 道場生の声

道場生の声

N.Yちゃん(小学一年、女子)

 わたしは、おにいちゃんたちが空手をやってて、たのしそうだとおもったから、空手をはじめました。
わたしは、きそたいりょくがすきです。ておしぐるまがきょうそうみたいになるからたのしいです。
このまえのしんさでは、じょうだんげりがうまくはいってよかったです。
わるかったところは、くみてでパンチがよわかったからもっときあいをだせばよかったです。
これからは、いつもわざをつよくだせるようにれんしゅうをがんばりたいです。

O.S君(小学二年生、男子)

 ぼくが、空手をならいたいと思ったりゆうは、やさしくて強い人になりたいと思ったからです。ぼくは、おこってがまんができなくなると、人をたたいたりしてしまう時があります。でも、本当はたたいたりしたくありません。人をきずつけないようにするために、空手をならって心をきたえようと思いました。それから、ずっと人をきずつけたくないです。
 空手をならいはじめて一年たって、おこってもあまりたたかないようになりました。がまんできるようになった気がします。
 これから、今の自分より強くなるように、けいこを休まず通って、先生や先ぱいの言うことを聞いてがんばりたいと思います。
 そして、組手がにが手なので、しはんが「一歩でも前に出るゆうきが大切」と言っていたことに気をつけて、けい古をがんばろうと思います。

S.Yちゃん(小学4年生、女子)

 私は、きょくしん空手をして思ったことは、しんさをして前よりも上段げりやパンチが上手になったと思います。だから、これからもっと強くなりたいです。
次に、空手をならってそうじのぞうきんのふき方が、前よりすきまが開いてなくてきれいにそうじができるようになったので、よかったです。
あと、せいしんが強くなって、空手をならう前のクヨクヨがふきとんだように、なくなりました。
もう一つは、言葉使いが少しだけよくなったと思います。でも、時々悪くなってしまいます。
さいごは、空手をならって友だちがふえました。その友だちは、いっしょのならいごと(空手)の友だちなので、月・木曜日ぜったいにあえます。これからも空手をならい続けたいです。

S.R君(小学6年生、男子)

 ぼくは、極真空手をやって良かったなと思いました。わけは、極真空手をやって友達ができたことです。仲良くなった人とは、よく遊ぶようになりました。そして、精神も強くなったと思いました。例えばこの前の大分県大会では、負けてしまったけれど、その前に何度も優勝をねらって練習しました。これは、空手をしないと、多分精神的にもたえられないと思いました。そして、生活の基礎のことも出来るようになりました。例えば、くつをそろえることや、返事をすることなどが普通に出来るようになりました。
 その他にも、いろいろありますが、本当に極真空手をして良かったです。これらの経験は、極真空手をしていなかったら、出来ないものでした。
 そして、ぼくは、黒帯になるまで日々の稽古を忘れずに、基本から応用までしっかりしていきたいです。

モバイルサイト

極真会館 大分県支部モバイルサイトQRコード

極真会館 大分県支部モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 各地区道場紹介
  • 入会キャンペーン
  • 大山倍達
  • セミコンタクト